2014年6月の記事一覧

自分のお肌を見直す

友達がエステの勉強をしているので、時々練習台になる事があります。

本当に時々なのですが、友達が勉強している化粧品会社で行うイベントにも参加したりしています。

自分の肌の事なんて、あまり興味もなかったのですが、ちょっと人にお手入れしてもらうと、自分の肌をいかに粗末に扱っていたのかわかります。

まず、化粧水の使い方もかなり間違っていたようですし、そして、何より乾燥肌だということに気づきました。

それまで全然気づかなかったのですが、かなりの乾燥肌だそうで、友達にも相当驚かれました。

自分の肌を触ってみて、しっとりしている気さえしていたのですが、どうやら相当の思い過ごしだったようです。

まずは、化粧水は、コットンにとって、優しく、肌にしみ込ませるようにつけていくのが良いらしいのですが、その優しさを自分は全然持っていなかったようです。

パタパタとたたくようにしていましたのでこれは間違いだそうです。

そして、優しく肌にしみ込ませる事、「自分の歳x3」だそうす。

もう、計算できないほどですが、一体、何時間かかるのか恐ろしくなってしまいます。

とはいえ、せめて、自分の歳の分くらいは、コットンでしみ込ませたいという希望はありますけど、それから、乳液をつけて、他に何かを教えていただきましたが、忘れてしまいました。

その後、メイクの講習があったのですが、私は今まで、コンシーラーというモノを使った事がなかったので、そのすごさに驚きを感じました。というか、ホント、コンシーラーはすごい。

そう考えると本当に、素肌の美しさ、というのものが、どれだけ大切か、と考えさせられました。

シミやシワなど今までの事は仕方ないにしても、せめてこれから、増やさないように、とは思います。

そう考えると、コレからの季節、やはり一番気になるのは、紫外線ですね。

私はこれまで何も気を遣う事なく暮らしてきたので、多分少し気を遣えば、今後の素肌に大きな変化が起こるのではないかと思います。

いや、それを期待します。

考えてないで、行動するということ、何ごとも、それが大切です。

顔を洗ったら、すぐに化粧水をコットンにふくませ、せめて自分の年齢分は、素肌にしみ込ませていくようにつけていきたいと思います。

しかも、下から上へ、下から上へ、です。

外出する時は、紫外線に気をつけて、顔だけでなく、手や首筋にも気を遣いたいものです。

でも、できちゃったシミは、コンシーラーを使うのも良いような気がします。

そうなると、振り出し以下に戻ってしまいそうな予感がします。

ここはやはり、普段の暮らしにプラスアルファーで、いつかエステをやっている友達にほめられる事を目指して頑張りたいと思います。

2014年6月 7日|