体の中から美白になる方法

体の中から美白になる方法

ここ最近のスキンケアのトレンドは美白ですね。

テレビやファッション誌でよく見る女優さんなど芸能人も色白美白の方が多いですし、ひところのガングロブームがウソのようです。

こんな憧れの芸能人のように美白になりたいと思う方って多いと思いますが、美白になりたいと思った時に多くの方は、どんな美白化粧品を使ったらいいのだろうと考えることでしょう。

でも、美白になる方法は、何も美白化粧品使うことだけではありません。

お肌の外側からあれこれ手を加える前に、体の中からコンディションを整え、お肌の内側からケアすることも大切です。

本気で美白になりたいのであれば、むしろ体の内側からのケアが大切であるともいえるのです。

どんなに高価で評判のよい美白化粧品をつかっていても、偏った食事や寝不足であれば、美白になることはできないでしょう。

美白とは、お肌がただ白いだけでなく、キメ細かく、うるおいのある滑らかなお肌のことです。

こんなお肌を作りあげるための体の内側からのケアとは、栄養バランスのとれた食事と、お肌の細胞の入れ替わりであるターンオーバーを促す睡眠に、血行をよくして老廃物の排出をスムーズにするための睡眠です。

普段どんな食事をしているか、睡眠はきちんととれているか、適度な運動で体を動かしているかなどさまざまな要因によってお肌は変わってくるのです。

お肌はいくつかの層からできていて、最も下層の肌の細胞を生み出す部分に血液を介して酸素と栄養が届けられます。

運動不足が続いたり、偏った食事ばかり続けていると、肌細胞を作り出すのに必要な酸素と栄養が不足してしまうわけです。

お肌の細胞を生み出す部分にきちんと栄養と酸素が届くことで、肌細胞がきちんと生み出されると、細胞は時間とともにお肌の表皮へと移っていきます。

そして古い肌細胞は垢となってはがれ落ちます。

この古い細胞と新しい細胞との入れ替わりはターンオーバーと呼ばれますが、このターンオーバーは年齢とともに遅れがちになるため、年齢を重ねるほどに体の中からのケアに気を配る必要があるとも言えます。

ターンオーバーがスムーズであれば、紫外線を浴びてできたメラニンもスムーズに排出されるので、シミとして残りにくくなります。

つまり、体の中から美白になる方法とは、食事や睡眠、運動などに気を配り、お肌の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーをスムーズにすることなのです。

2016年8月19日|